医療とブログと介護について

医療について、医療に携わってる方々という人たちは、毎日、とても大変な環境にありながら、患者さんのために働いてくれている人たちがとても多く、ただ、介護などのブログなどを見ると、その大変さなどが、ブログなどからも伝わってきます。

現在の日本では、介護の人手不足と言われており、また同じように医療の現場も人手が足りないとして、深刻な医療現場の人手不足などは、時折ニュースなどでも報道されるように、特に地方では医師の不足、看護師の不足などが深刻な問題となっています。

また、同じようにご高齢の方々が日本には多く、悲しいことに、認知症の患者さんがとても多く増加してしまった背景により、介護を行うスタッフさんや医療関係者が少ない、こちらも人手不足であることが問題となっています。

ブログなどでは、そのような介護の辛さについて、書かれていると同時に、認知症の患者さんの謙虚な方の素敵なエピソードや、純粋な気持ちなど、感動した場面などについても、匿名で書かれていることがあり、また同時に、家族の方から感謝の気持ちなどを述べられ、とても嬉しかったという旨などが書かれていることもあります。

このように、人手不足とされる介護の現場であり、特に夜間などは、あまりにも人手が足りないことなどから、夜の緊急医療の現場と同じく、人手不足に悩む人がいる一方で、しっかりと患者さんのために働いてくれている人たちがいることが分かります。

また、介護に携わってくださっている人たちは、心優しい人が多く、また同時に、人の痛みやご高齢のおじいちゃん、おばあちゃんの辛さなど、人の辛さなどを分かってくれる人が多いため、家族としては、そのような方たちに感謝しているブログもあります。