医療機関に行かずに治療薬を買う方法

現代日本では病気やけがの治療薬を買う場合医療機関で処方箋をもらうのが基本となっています。こうした方法をとるからこそ健康保険などの制度を利用して安く身体の不調を治療できるのですが、しかし中には何らかの理由で医療機関に行けない、行きたくないというケースもあるでしょう。ではそうした場合に治療薬を買うにはどうすればよいのかと言うと、方法は二つ考えられます。まず一つ目が「ドラッグストアで買う」ことです。ドラッグストアではさまざまな薬が売っていますが、そのほとんどは処方箋なしに購入できるものです。風邪薬や解熱剤、鎮痛剤といったさまざまな種類の薬がドラッグストアの棚には並べられているわけですから、自分の症状がはっきりわかっているのであればその症状を抑え込む対症療法としての治療薬を購入することができます。処方箋が必要ない分副作用も効果も少ないという欠点はありますが、最も手軽な方法としてはこの方法が挙げられるでしょう。では続く二つ目は何かと言うと、それは「通販で買う」という方法です。一見すると処方箋が無いと薬を買えないのに通販で買えるわけがないというようにも見えるのですが、個人輸入で薬を買う場合はその限りではありません。個人輸入とは個人が個人使用目的で海外から医薬品を購入してくることであり、日本国内の法律でも問題ないとされています。そのためどういった薬が必要なのかと言うことが明確に分かっているのであれば、通販を利用すれば医療機関に行かずとも必要な治療薬が手に入るようになっているわけです。ただ個人輸入は最近偽薬、つまり偽物の薬の流通ルートになっていると指摘されることがかなり増えてきていますから、個人輸入を頼む業者を選ぶ際には安全性をしっかり判断するように心がけましょう。

医療現場の人手不足問題について

医療現場の看護師は常に緊張感を持って早急に動くことが要求されます。患者さんの急変などにより緊急手術になったり、他の科へ転科したり、他の病院に転院することもあります。何もない平和な日の方が少ないです。外科ならば定期的に手術予定があります。看護師は手術までの検査などの説明があります。電子カルテにより、手書きの記録を書くことは減ったのですが、入院、手術、検査のたびに4~5枚の書類を患者さんに署名、捺印してもらいます。1枚づつ説明しなくてはいけません。昔と違ってオープンなナースステーションなので、気が休まる時がありません。唯一は休憩の時だけですが、患者さんが急変すれば、昼食の途中でも病室に向かいます。以前はチーム性で数人で患者さんを見ていたのですが、今は受け持ち性なので、自分の患者さんに責任がもてて患者さんにとってはいいのですが、1人で何もかもするようになります。とてもやりがいのある仕事なので性格的に合う人はいいのですが、病院にもよりますが、3年以内に半分近くが辞めることが多いです。残業が少なく残業手当が10分からでもきっちり支払われれば、辞める人はずいぶんと減るでしょう。病院は多くの患者さんをどんどん入院させてたくさんの検査をして収入をあげたいようですが、そこで働く職員の大変さに目を向けるべきです。次々に急患がきて、いつ帰れるのかわからない、1時間以上残業してからはじめて残業代が支払われる、就業前30分に来ないと仕事が回らない、などが辞める理由です。女性だらけの職場ですが、夜勤があるため毎日違う人と仕事をするので、人間関係はそれほど気にはなりません。看護助手は看護師よりももっと体力がいるわりに基本給が低いのでなかなか人が集まりません。しかし、病院によりますが50歳でも正社員としてやとってくれ、ボーナスももらえるので、ほかのパートよりは断然有利です。