脳にリラックスを!医療ではアクアチタンが注目

今の時代、リラクゼーション効果という言葉が注目されています。毎日の生活で蓄積されるストレスからは、多くの障害が発生することが報告されています。今、医療分野では【アクアチタンを用いて脳にリラクゼーション効果】をもたらす動きがあります。アクアチタンというのは、チタン(生体親和性が比較的高い)をナノレベルで水溶化したものをいいます。そのアクアチタンは脳に働きかけ、疲労回復や痛みの緩和に役だつことが知られています。またインプラントや緩和ケアなどで応用され、多様化されるようになりつつあります。蓄積されるストレスをいかに発散させるかが多くの方に共通する今後の課題でもあるのです。チタンはイオン化傾向の強い金属に属します。これらは電子を放出し、イオンになりやすい性質をもっていますし、32度以上のものに接触することでマイナスイオンが生じることがわかっています。生じたマイナスイオンの働きで乱れた生体電流を整えていくのです。イオンバランスが乱れると自律神経のバランスも崩れ、肩こりや腰痛をはじめ、頭痛、めまい、耳鳴りなどさまざまな症状を引き起こすとの報告がされています。多くの企業レベルでは、アクアチタンをストレス解消に関する臨床試験などが行われ、データ的にも効果は立証されているのです。これらの情報をもとに、最近では脳にリラクゼーション効果をもたらすアクアチタンを好んで身につける方が増えてきました。たとえば、アクアチタンを含むものにネックレスやブレスレットなどがあります。それらを身につけることで心身ともにリラックス状態になると言われているからです。疼痛緩和など多くの課題が残っている医療分野では、筋肉に対するアクアチタン効果が期待されています。